アトピーで眠れない時の対処法

眠れるための3つの対処法

 

アトピーとは、一般的に皮膚に痒みや赤い発疹などの炎症のでるアトピー性皮膚炎のことを指します。

 

アトピー性皮膚炎は、遺伝的にアレルギーをもともと起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い体質の人に多く見られる皮膚の炎症や痒い症状などを発症する病気です。

 

アトピー性皮膚炎が起こる原因は、まだ科学的には解明されてませんが、遺伝的にアレルギーになりやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い体質の人に対して、アレルギー物質の侵入やストレスなどの多様な環境要因が重なって発症すると考えられてます。

 

 

アレルギー物質には、ダニや、埃や、花粉などがあります。

 

アトピーの症状の中でもかなり辛い症状にかゆみがあって、痒みのピークは睡眠前に時間に起こるため、眠れない事を悩んでいる人が沢山います。

 

 

 

アトピーが痒くて眠れない時に少しでも眠れるための対処法は次のような方法が考えられます。

 

 

一つ目の方法は、皮膚のバリア機能を上げて発症しにくくさせる方法です。

 

皮膚のバリア機能を上げる方法は、基礎化粧品によるスキンケアで皮膚全体を保湿させて乾燥肌にならないようにして、肌のターンオーバーを正常な状態に維持して健康な肌の状態を維持する事でできます。

 

 

二つ目の方法は、自律神経の活動を抑える方法です。

 

痒みの改善には自律神経の改善が必要で、自律神経の乱れを改善させる方法は、生活習慣を改めて、睡眠時間を十分に取って規則正しい生活をしたり、タバコやアルコールを控えたり、日光に浴びながら運動したりストレスのない健康的な生活をする事でできます。

 

 

三つ目の方法は、抗アレルギー剤を飲む事です。

 

 

上記の二つの方法は効果が出るのに時間が掛かるので、直ぐに効果が出る方法として病院で処方されるステロイド系の抗アレルギー剤でアレルギー反応を抑える方法があります。

 

 

その他には、抗アレルギー剤ほどの即効性はないけど、その分副作用の心配が少ない睡眠サプリメントを飲む事によって、自律神経の乱れを軽減させる方法もあります。